すぐに内容の確認ができる|大切な展示会を成功させよう|装飾次第で印象は決まる
女の人

大切な展示会を成功させよう|装飾次第で印象は決まる

すぐに内容の確認ができる

男の人

社内で共有化可能

会社が他社などと何らかの契約を結ぶとき、契約書のやり取りを行います。電子化が進んでいる今でも書類で行われることが多いです。必要事項を確認し、捺印を行って互いに管理をしています。それぞれの会社で管理方法は異なりますが、作成部署でまとめたり、総務部など一括管理をすることもあります。契約書管理システムを用いることで、社内で契約書情報の共有化ができます。総務部で一括管理するとき、自分で確認したいとしても一旦総務部に依頼をしないといけません。すぐに出してもらえないこともあります。社内で共有化されていると、契約書管理システムへのアクセス権やファイルのアクセス権を持つことで情報をいつでも見ることができます。業務の効率化につながります。社内で情報を共有化するとき、見ることができる人とそうでない人の管理をきちんと行う必要があります。契約書はこれまでは書類を原本で管理していました。そのために情報流出は少ないものの、見たいときに見ることができない問題がありました。契約書管理システムを使うことで、いつでも情報を見ることができます。しかし、ファイルにアクセスされると誰でも見られてしまう可能性があります。そこでアクセス権の権限をきちんと管理するよう心がけます。契約書管理システムに対するアクセス権限が必要ですが、それぞれのファイルに対するアクセス権を設定できるとより安全な運用ができます。システムにより権限が設定できるレベルが異なる場合があります。